2016年07月12日

睡蓮が開花しました

前回記事では蕾だった睡蓮が開花しました。
とりあえず角タライの様子です。

角タライ2016.7.10.JPG

7月に入ってから大きい葉っぱがどんどん出てきまして蕾も出始めました。
余ったホテイアオイをこちらにも入れてあります。
タニシが苔を食べまくったようで容器の壁面がきれいになりました。
ただもう少し水が済んでくると魚が見やすいんですがね。
自然採集してきた魚たちはどれもとても元気です。
食欲旺盛で餌食いがすこぶる良いです。

ということで睡蓮の花です。

睡蓮2016.7.10.JPG

今年も見事に開花しました。
今年最初の睡蓮の花です。
白と黄色の鮮やかさがいいですねぇ。

睡蓮開花2016.7.10.JPG

まだ完全には開き切っていない感じですね。
1日目はいつもこんな感じです。

そして翌日の様子です。

睡蓮2016.7.11.JPG

完全に開き切っているのがわかりますでしょうか?
中央の黄色いところが少し萎れてきています。

睡蓮開花2016.7.11.JPG

横から見ると開き具合がよくわかります。
美しさでは1日目の方が上ですね。
睡蓮はひとつの蕾につき3日間咲きます。
そして咲き終わると蕾が水中へと沈んでいきます。
この白花の睡蓮はオドラータという品種で間違いないと思います。

毎年毎年同じ花同じような写真・・・
でもまぁそれがビオをやっていくということだと思います。
ビオもブログも継続してナンボということでしょう。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

姫睡蓮のダブルのダブル

梅雨が明けて猛暑が始まったと思ったらまた雨が続いて・・・
7月だというのに涼しいやら寒いやら・・・

そんな中、珍しい光景になったので撮影してみました。
とりあえずビオの様子です。

ビオ2016.7.9.JPG

何だかごちゃごちゃして賑やかというか何が何だかわからない風景ですね。
容器の手前には左から明日葉にアスパラにキャベツにニラが植えてあります。
もはやビオなのか家庭菜園なのかわからなくなってきていますが、
水場さえあればもうそれでビオということにしておきます。

先ほどの写真で既にお気づきでしょうか?
こんなことになりました。

水鉢とプラ池2016.7.9.JPG

姫睡蓮の2輪咲きが2種類同時に実現しました。
雨がやんだ直後なので花も葉っぱも濡れています。

まずは赤花姫睡蓮です。

水鉢2016.7.9.JPG

これはライラシャという品種だったと思います。
昼の正午くらいに咲きまして昼過ぎに閉じます。
いつも昼過ぎに庭に行くので見れても閉じかけばかりです。
右のは閉じかかっていますが左のはちゃんと開いていますね。

赤花姫睡蓮2016.7.9.JPG

雨が降っていて日が差していないので時間がズレてしまったようです。
お陰で久しぶりにちゃんと咲いているのを見ることができました。

次は黄色姫睡蓮です。

プラ池2016.7.9.JPG

こちらはヘルボラという品種で間違いないと思います。
昼過ぎに咲き始めて夕方に閉じます。

黄花姫睡蓮2016.7.9.JPG

赤もそうですが黄色も次々に蕾が上がってきていまして、
ほとんど毎日のように花が見れています。
肥料をたっぷりと仕込んでおいたのが効いているのでしょう。

最後に睡蓮の様子です。

睡蓮2016.7.9.JPG

これが今年最初の蕾です。
おそらく明日の朝に咲くと思われます。
寝る前に撮影する予定です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

稚魚が孵化しています

早く梅雨が明けて欲しい今日この頃です・・・
そんな中、メダカの稚魚が次々と孵化しています。
とりあえず丸タライの様子です。

丸タライ2016.6.19.JPG

姫コウホネが植え替えてから元気がありません。
再び蕾が上がってくるまでかなりかかりそうです・・・
茶碗蓮も葉っぱが小さくて勢いがありません。
こちらも開花まではかなりかかりそうです・・・
この中に稚魚がいるんですが写真ではこの位置からは見えませんね。
なのでアップで撮影してみました。

稚魚2016.6.19.JPG

白メダカの稚魚のようです。
孵化自体は今月の初旬から既に始まっています。
早くも大きさに差が出てきています。
親メダカでもそうですが大きいのが小さいのを追い回します。
最初は1・2匹でしたが今は20匹くらいはいると思います。

稚魚3匹2016.6.19.JPG

色からしてほとんどが白のようです。
他の色のも僅かに混ざってはいるようです。
採卵した卵の半分以上は白なので当然ではあります。
楊貴妃と幹之については親メダカと卵を購入するつもりでいたのですが、
僅かずつではあるのですが一応採卵はできているんです。
夏の間にずっと採卵し続ければそこそこ数が揃いそうな気がしてきたので、
今年は購入せずに現有戦力だけでやりきる決心を固めました。

今年は最も水量の多い丸タライを稚魚育成容器に設定しただけに、
もっとガンガン採卵するつもりでしたがほとほどの数になりそうです。
でもこれからまだまだ孵化してくるでしょうしまだまだ採卵できるはずです。
秋にはうじゃうじゃメダカが泳いでいる光景になるように頑張ります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

黄花姫睡蓮が開花しました

すっかり梅雨入りしてしまいましたね。
雨の日が多くてなかなか庭の作業も畑の作業も捗りません・・・

そんな中、赤花姫睡蓮に続いて黄花姫睡蓮も開花しました。
とりあえずプラ池の様子です。

プラ池2016.6.11.JPG

ホテイアオイがどんどん増えています。
水もきれいで楊貴妃もとても元気です。

黄色姫睡蓮2016.6.11.JPG

淡い黄色と花の小ささが特徴です。
何という品種の姫睡蓮だったか忘れてしまっていましたが、
その特徴からしてどうやらヘルボラのようです。
この姫睡蓮の花は昼過ぎに咲きます。

黄色姫睡蓮開花2016.6.11.JPG

私の生活時間にピッタリなんです。
これからもっと次々に蕾が上がってきて夏の間は毎日のように花を見ることができます。
花付きの良さもこの品種の特徴のようです。

赤白黄色以外の花も欲しいところなんですが、
温帯睡蓮だとそれ以外の色が無いんですよね。
熱帯睡蓮だと屋外では越冬ができませんし・・・
夏はまだこれからなのでいろいろと検討します。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

自然採集に行ってきました2016春 後編

前回記事から2週間も経過してしまいました・・・
やっと後半開始です。

それではまずはこれです。

メダカ2016.5.22.JPG

メダカです。
4匹取れました。
春に行ってもメダカが全然取れないので夏と秋にだけ行っていたのですが、
今回は少ないながらも一応は取れました。

次はこれです。

フナ2015.5.22.JPG

フナです。
5匹取れました。
サイズ的にはさっきのメダカと同じくらいか小さいくらいです。
これだけ小さいのは初めて取れました。

次はこれです。

川魚2016.5.22.JPG

パッと見にはさっきのフナと同じように見えるのですが、
顔つきがマスっぽい感じです。
2匹取れました。
小さいので写真だとわかり辛いですね。
容器に入れてしまったらフナと見分けがつきません・・・

次はこれです。

クチボソ2016.5.22.JPG

おそらくクチボソだと思います。
これ1匹だけです。
大きさは10cmくらいです。
これまで毎年取れていた何だかわからない川魚もクチボソかとも思っていたのですが、
どうやらこれが正真正銘の本物だと思われます。
警戒心が強くて餌の時に一瞬しか水面までは来ません。

次はこれです。

エビ2016.5.22.JPG

モエビだと思います。
数十匹は取ってきたのですが翌日には3匹しか生き残っていませんでした。
そしてこの3匹も今は見当たりません・・・

次はこれです。

タニシ2016.5.22.JPG

タニシです。
10匹取ってきました。
ジャンボタニシを持って帰らないように慎重に選んできました。
でもそれらしきものは混ざっていなかったと思います。
容器内を浄化してくれることを期待しています。

最後はこれです。

カワニナ2016.5.22.JPG

カワニナです。
5匹取ってきました。
これも毎年取ってきていますがなかなか生き残ってくれません。
越冬が難しいのですかね?
タニシですら半分以上は落ちてしまいますし・・・

ということで角タライの様子です。

角タライ2016.5.22.JPG

底土の上に溜まったヘドロを取り除こうと網で引っ掻き回したので濁ってしまいました。
あれから何度も雨が降っているので今はだいぶ水が澄んできました。
それでもまだ水中の様子は見辛いです・・・

もっといろんな種類がごちゃ混ぜになって泳いでいるにぎやかな状態にしたいですね。
また7月か8月にでも取りに行きたいと思っています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする