2011年12月29日

真冬です

お久しぶりです。
真冬真っ只中であります。
実は今月上旬に風邪を引いてしまいまして、
しばらく仕事以外の外出を控えておりました。
なので毎日様子を見に行っていたのが途絶えてしまって、
体調が戻った後も庭に行かない日の方が多い状態です。
何も変化がありませんしねぇ...

と言うことでこれが今の状態です。

ビオ2011.12.27.jpg

魚は植木鉢の影やホテイアオイの根っこの下に隠れてしまって見えません。
よほど天気が良くて暖かい日以外は春までずっとこのままです。
まだ何とかホテイが持ちこたえております。
でも氷が張ったりすると駄目でしょうね。
昨年に木を伐採したおかげで葉っぱが水面に落ちる数が大幅に減りました。
楽になったんですけど何もすることがなくなりました。

あとまぁ何かがあったと言えばこれなんですが...

水鉢2011.12.27.jpg

水鉢の姫睡蓮の鉢の土がえぐれてしまっています。
今月に入ってから少ないながらも何度かは様子を見に行く度に植木鉢が倒れているんです。
水中にあるものが強風で倒れるとは思えません。
姫睡蓮の種類が書かれたプレートが刺してあったのですが、
それが地面の上に落ちていました。
そしてうちで増えたホテイが2つ入れてあったのですが、
1つ地面に落ちていて干からびていました。
猫なのかカラスなのか毎度毎度やってくれるものです。
メダカは全匹無事だったのでホッとしました。

自然を丸ごと愛せているつもりでビオを始めたわけですが、
うちにやってきた魚や植物たちを仲間として認識してしまうと、
もうそれを守るのが第一になってしまって、
それ以外の訪問者はすべて敵に見えてしまいます。
4年もやっているのにいまだに未熟者だと痛感しております。

それでは今年も大変お世話になりました。
また来年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ 人気ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 00:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

マコモダケを収穫しました

冬が近づいて来ていますね。
魚たちの警戒心が強くなってきました。
天気がよくて暖かい日は餌を求めて寄ってきますが、
曇っていて寒い日は人影を恐れて隠れようとします。
もうすぐビオシーズンも終わりですね...

そんな中、マコモダケを収穫することにしました。
それではこれがマコモの様子です。

マコモ2011.11.6.jpg

前回記事の写真とほとんど同じですね。
昨年もこんな感じにひん曲がっていたので食べませんでした。
株元からハサミで切断しました。
そして葉っぱを取り除いて水洗いしました。

マコモダケ収穫2011.11.6.jpg

これを食うとかねぇ...
あまりおいしそうじゃありませんけれども、
思い切って食べてみることにしました。
まずは半分に切ってみました。

マコモダケ断面2011.11.7.jpg

こんな断面をしています。
この黒い点々が黒穂菌の跡ですね。
マコモダケというのはそれ自体には味は無くて、
料理の中で食感を味わうもののようです。
なのでどんな食べ方でもできるようです。
いろんなレシピの中から最も単純で簡単なのにしました。

マコモダケ刺身2011.11.7.jpg

マコモダケの刺身です。
その日スーパーで買ってきた桜海老の刺身と一緒に食べてみました。
ほんのりと甘みがあるような無いような感じでして、
まぁ正直ほとんど味がしません。
もっと太くて大きければ食感が味わえるかもしれませんが、
いかんせん細くて小さいのでそれほど食感も感じませんでした。
もっと大きな株に生長させないことにはまともな収穫にはなりませんね。

もうすぐ魚たちには辛い季節が始まります。
真冬の外飼いはいつも魚たちに申し訳なく思ってしまいます。
でも見守ることしかできないんですよね...

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ 人気ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 02:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

マコモダケが出てきたんですが...

前回記事から1ヶ月...特に何も無いうちの庭であります。
何か新たなことを始める気にもなれずにただ毎日様子だけ見に行っています。

そんな中、マコモに変化がありました。
それではこれが角タライの様子です。

角タライ2011.11.3.jpg

自然採集してきた魚を入れたばかりの頃は水が濁りまくっていたんですが、
今は3つある容器の中で一番水が澄んでいます。
よほど底土でのろ過がうまく行っているようです。
それにしてもまぁ殺風景ですな。
1本だけ生き残ったマコモの中心部からマコモダケが出てきました。

マコモ2011.11.3.jpg

昨年と同様に今年もいびつにひん曲がってしまっていて、
こんなんじゃあとても食べる気にはなりません...と思ったんですが、
ネットでマコモダケの画像を見てみると案外近いような気もします。
ちょうど今が収穫時期の最後くらいなので食べるならすぐに収穫せねば。
でもなぁ...

9月に採集してきた黒メダカがだいぶ環境に慣れてきました。

黒メダカ011.11.3.jpg

最初は他の魚が餌を食べていても人影があると底でじっとしてたんですが、
今は餌を撒いた時だけは普通に食べに来るようになりました。
でもまだまだ警戒心は強いですね。
9匹採集してきて8匹生き残っています。
やっぱりメダカは強いですね。
モロコ?らしき魚は4匹採取して2匹生き残っています。
コイを親分のように慕っていつもあとをついていました。
そしてそのコイなんですが...つい数日前に飛び出して干からびてしまいました。
毎度同じことを繰り返していまだに有効な手を打てない自分が情けなくて仕方ありません。

マコモダケをどうしようか、
飛び出し対策をどうしようか、
4連休の間に考えます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ 人気ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 00:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

平和でいてもらいたかっただけなのに...

睡蓮や茶碗蓮の葉っぱもどんどんと減ってきて、
すっかり落ち着いてしまいました。
金魚とタナゴが1匹ずつで平和になったかに見えた丸タライでしたが、
またもや問題が起こってしまいました。
他種には関心を示さなかったカネヒラがコメットに牙を剥くようになってしまったのです。
それがもうしつこいのなんのって...
コメットはあの長いヒレのお陰もあってかカネヒラよりもスピードは速いようで、
すばやく逃げてしまうので傷を負わされることにはなっていません。
でもいつも怯えていてホテイの根っこの下やホテイとタライの淵の間に隠れています。
このままではいかんなぁと思いつつもカネヒラがすばしっこいので捕獲できませんでした。
ということでこれが昨日の丸タライの様子です。

丸タライ2011.10.7.jpg

閑散としてしまってます。
ここに白メダカが群れているはずだったのに...
下のほうに網が写っています。
はい、何とかカネヒラの捕獲に成功しました。

カネヒラ2011.10.7.jpg

コメットを追っかけまわしているところに駄目元で何度も網を入れていたら偶然入りました。
俺のせいで申し訳ないなと思いつつ丸タライから出てもらうことにしました。
バケツの中で水合わせの後、水鉢に入れました。

水鉢2011.10.7.jpg

やはり新しい環境なので警戒していて植木鉢の陰に隠れようとしています。
お願いだからヒメダカはいじめないでねと祈らずにはいられませんでした。
ということでやっと攻撃からコメットが開放されました。

コメット2011.10.7.jpg

まだ少しおどおどとしていますがこれで伸び伸びと暮らしてくれるでしょう。

これでめでたしめでたしとなるはずだったのですが、
今日様子を見に行ってみたら...カネヒラが見当たらないのです。
また植木鉢の陰に隠れているのかと覗き込んでもいないんです。
まさかと水鉢の周囲の地面を見回してみたら...私の足元で干からびていました...
角タライでは何度も飛び出しが起こっているのですが、
水鉢では今まで一度も無かったのに...
もう今度という今度は自分の無力さに呆れ果てました。
でも...

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ 人気ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 19:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

台風の爪跡

凄まじい台風でした...
豪雨で水はきれいになったんですがその代わり...

丸タライ201.9.21.jpg

水面に白いのが見えません。
白メダカがまたしても全滅しました。
台風直前までは確かにいたので水が溢れて流されてしまったのでしょうか?
どうにも白メダカに縁が無いようです。
ホテイに卵がついていてくれることを祈るしかありませんが、
おそらく駄目でしょうね...

台風が来ても水鉢の中はいつも無傷です。

水鉢2011.9.21.jpg

こちらのヒメダカは全く減っていません。
溢れるのはどちらも同じだと思うのですが、
なぜか水鉢からは飛び出しも1回もありません。
なのであえて丸いタライを導入したんですが何が違うのか...

角タライもすっかり水がきれいになりました。

角タライ2011.9.21.jpg

マコモは何とかひと株だけ生き残りました。
と思ったのもつかの間、よく見ると葉っぱが細くなっている...
さらによく見たら芋虫がついてました。
前回の巨大な芋虫よりは小さいのですが葉っぱを食い荒らしていました。
もしかしてあのデカイのはマコモの葉っぱを食べて育ったんだろうか...

モロコもコイもすっかり人馴れしてしまいました。

コイ2011.9.21.jpg

手を近づけると餌と憶えてしまって指を入れるとつついてきます。
人間に媚びないワイルドさが魅力だったのですが、
いつの間にやら金魚よりも馴れてしまいました。

3連休中にまた自然採集に出かけるつもりです。
まだまだこのままではシーズンを終えれません。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ 人気ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 01:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする