2009年04月11日

ビオトープを目指して1

子供の頃から野山を駆け回って育った私は生き物が大好きでした。
山へカブトムシを川へザリガニをといろんな生き物を採集しては飼育していました。

生き物の中でも特に私が惹かれたのは魚でした。
メダカやフナやコイをすくったり釣ったり、
金魚を買ってきたりといろいろと飼育しました。
働くようになってからは熱帯魚を飼ったりもしました。
熱帯魚は奥が深く何年やっても興味が尽きないほど面白いのですが、
どうもイマイチ心が満たされません。
室内飼育は何かと制約が多いのでやりにくく、
結局飼育自体をやめてしまいました。

やめてからも魚への興味は消えませんでした。
自分が本来求めているのは一体どんなものなのだろうかと考えました。
子供の頃から庭に池を掘っていろんな種類の魚を泳がせたらどんなに楽しいだろうかと、
いつも思っていました。
しかし、現実問題としてはなかなか難しい。
そんな時、ネットでビオトープという言葉を見かけました。
調べていくうちに大掛かりなものでなくても私が求めているものに近いことができるのではないかと思いました。
そしてビオトープ実現に向けて動き始めたのでした。
posted by ひ辻 at 02:26| Comment(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする