2016年11月13日

今年の繁殖結果

残暑が続いていたかと思えば台風で毎日雨ばかりになって、
やっと秋が始まったかと思えば一気に冷え込んで冬のような寒さですね。
家の中ではもう既にたまにストーブをつけたりコタツに入っています。

そんな中、11に入ったので今年繁殖した稚魚をご紹介します。
まずはビオの様子です。

ビオ2016.11.6.JPG

何だかビオらしくないものがいろいろと置いてあります。
そのあたりもうまく行けば今後記事にしていく予定です。
魚たちは少し警戒感が増しつつありますがまだまだ餌を求めて水面付近にいます。
でも寒くなってきたのでたまにしか餌は与えていません。
睡蓮たちは葉っぱが小さくなって数も減りましたがまだ青々としています。

ではまず白メダカの稚魚です。

白メダカ2016.11.6.JPG

ピンボケです・・・
春にカメラを水没させてからまだ買い換えていません。
昔に使っていた古いデジカメを使っています。
いい加減に新しいのを買いたいとは思っているのですがなかなかピンと来るのが・・・
そんなことはさておき、今年は白メダカが一番多く採卵できました。
なのでここまでで生き残っている数も白が一番多いです。
とは言っても10数匹くらいだけですが・・・

次はヒメダカです。

ヒメダカ2016.11.6.JPG

楊貴妃3匹とヒメダカ1匹の中から僅かな数しか採卵できませんでした。
夏の間はもう少しいたと思うのですが結局1匹しか生き残りませんでした。
楊貴妃は全滅です・・・

次は黄金光です。

黄金光2016.11.6.JPG

幹之が3匹と黄金が2匹からこちらも僅かしか採卵できませんでした。
夏の間は幹之が結構いたんですがどうやら全滅したようです・・・
そしてこの黄金2匹だけが生き残りました。

次も黄金光です。

水鉢2016.11.6.JPG

この水鉢の中に幹之と黄金を入れていました。
今はスッキリとしていますが夏の間はシャジクモがわさわさに生えていました。
どうやらその藻の中にも産卵していたようでして、
いつの間にか稚魚が5・6匹泳いでいました。
親メダカに食べられないか心配でしたがうまく共生できているようでした。
親メダカは既に落ちていまして稚魚だけが残りました。

水鉢黄金光2016.11.6.JPG

夕方で日が暮れてきました。
まだそれほど暗くは無いんですがカメラの性能が低いので・・・
黄金が3匹生き残りました。
幹之は自然繁殖はできませんでした。

親メダカで生き残ったのはこれだけです。

白鉢2016.11.6.JPG

白鉢の白メダカが3匹だけです。
今年はたくさん産卵してくれました。
でもそれを活かしきれませんでした・・・

ということで、すべて丸タライの中に入れました。

丸タライ2016.11.12.JPG

広くて大容量の中に親メダカが3匹に稚魚が20匹足らず。
今年もまた大失敗でした・・・
毎年毎年失敗ばかり。
いつになったらまともに繁殖できるのやら・・・
毎年今年こそはという決意でやっているのですが・・・

広くて水量が多くて水質や水温が少しでも安定した環境の方がと思ったのですが、
どうやらそう単純な話でも無いのか・・・
採卵した数は例年よりも少なかったのですがそれでもそこそこな数はありました。
ただ孵化率がかなり低かったように思います。
今年の気候のせいなのか環境のせいなのか・・・
来シーズンまで反省の日々を送ります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

台風で流された魚を救出しました

うちの地域に台風が直撃しまして避難勧告が出されたところもあったようです。
うちの周辺は高台なので無問題でしたが、
台風通過後の昼過ぎに庭の様子を見てみたらこんなことになっていました。

庭2016.9.20.JPG

ビオ周辺が水溜りになっていました。
うちの土地は粘土質でして水はけが悪いので大雨が降るといつもこんな感じなんです。
水溜りを眺めていたら何か動くものが見えました。
家の窓からでもはっきりと魚が泳いでいるのがわかりました。
いくら水はけが悪いとはいっても雨がやんで一晩経てば干上がってしまいます。
ということで救出することにしました。

最初に見た時は水溜りの中を悠然と泳いでいたのですが、
その場へ行ってみると人陰に驚いて隠れてしまったのか見当たりません。
水溜りの端っこをチェックしていったら見つかりました。

魚2016.9.20.JPG

自然採集してきた何だかわからない川魚です。
これ1匹だけのようです。
容器の中よりもこの光景の方がしっくりきていますね。
この水溜りをキープできたらまさにビオトープらしくなるんですがねぇ・・・

なんて感慨に浸っている場合では無いのですぐさま取り掛かりました。

救出2016.9.20.JPG

網ですくいました。
抵抗して逃げ惑うかと思っていたのですが案外普通にすんなり入りました。
急に環境が変わって少し弱っていたのでしょうか?
網の中でもおとなしかったです。

そして角タライの中に戻しました。

角タライ2016.9.20.JPG

中に入れてしまえば同じくらいの大きさのが何匹もいるのですぐに見分けがつかなくなります。
水が溢れかえっているような状態では無いのですが、
それでもちょっとしたはずみで飛び出してしまうんですかね?
他にも飛び出していないか心配なところなんですが、
向こう側の草むらの中に行ってしまうとどうにもできません・・・
むしろ今回は水溜りになっていたお陰で助けることができました。

睡蓮はつい先日までは毎日のように花が咲いていたんですが、
先週くらいから蕾が出てこなくなりました。
だんだんと秋が近づいてきていますね・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

姫コウホネに花が咲きました

お久しぶりです。
忙しいこともあるんですがネタがなくてですね・・・
やっと姫コウホネが開花したので記事にしてみました。

とりあえず丸タライの様子です。

丸タライ2016.9.12.JPG

茶碗蓮はいまだに蕾が上がってきません。
昨年は8月上旬に咲いていますのでもう今年はダメかも・・・
姫コウホネは毎年このくらいなんです。
でも春に植え替える時には蕾が出てきていたので、
株分けしてから開花できるまでに育つのに時間がかかるのだと思われます。
右にある白鉢の姫コウホネはまだ蕾は上がってきていません。

今回の開花は2輪咲きです。

姫コウホネ2016.9.12.JPG

でもこれは同じ株からではありません。
いつの間にか鉢の中で自然と2つに株分かれしてしまったようでして、
その分、葉っぱも倍の量になってしまいました。
睡蓮や姫睡蓮では2輪咲きはよくあるのですが姫コウホネでは初めてです。

ただ例年に比べると花の状態がイマイチです。

姫コウホネ花2016.9.12.JPG

もっと黄色が濃くて活き活きしているはずなんですがね・・・
このところの台風による天候不順が原因だと思われます。
おそらく今年はこれだけのような気がします。

最後に稚魚の様子です。

稚魚2016.9.12.JPG

まだ成魚サイズのはいませんが若魚から幼魚くらいの大きさです。
ただ当初に予定していたのとは程遠い数しかいません。
また近いうちに改めて記事にしますが今年もまたダメでした・・・

白花睡蓮も赤花姫睡蓮も小さい葉っぱしか出てこなくなりまして、
そうなるともう蕾も出てこなくなりした。
でも黄花姫睡蓮だけはまだ咲き続けています。
夏はもうしばらくは続きそうです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

睡蓮が開花しました

前回記事では蕾だった睡蓮が開花しました。
とりあえず角タライの様子です。

角タライ2016.7.10.JPG

7月に入ってから大きい葉っぱがどんどん出てきまして蕾も出始めました。
余ったホテイアオイをこちらにも入れてあります。
タニシが苔を食べまくったようで容器の壁面がきれいになりました。
ただもう少し水が済んでくると魚が見やすいんですがね。
自然採集してきた魚たちはどれもとても元気です。
食欲旺盛で餌食いがすこぶる良いです。

ということで睡蓮の花です。

睡蓮2016.7.10.JPG

今年も見事に開花しました。
今年最初の睡蓮の花です。
白と黄色の鮮やかさがいいですねぇ。

睡蓮開花2016.7.10.JPG

まだ完全には開き切っていない感じですね。
1日目はいつもこんな感じです。

そして翌日の様子です。

睡蓮2016.7.11.JPG

完全に開き切っているのがわかりますでしょうか?
中央の黄色いところが少し萎れてきています。

睡蓮開花2016.7.11.JPG

横から見ると開き具合がよくわかります。
美しさでは1日目の方が上ですね。
睡蓮はひとつの蕾につき3日間咲きます。
そして咲き終わると蕾が水中へと沈んでいきます。
この白花の睡蓮はオドラータという品種で間違いないと思います。

毎年毎年同じ花同じような写真・・・
でもまぁそれがビオをやっていくということだと思います。
ビオもブログも継続してナンボということでしょう。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

姫睡蓮のダブルのダブル

梅雨が明けて猛暑が始まったと思ったらまた雨が続いて・・・
7月だというのに涼しいやら寒いやら・・・

そんな中、珍しい光景になったので撮影してみました。
とりあえずビオの様子です。

ビオ2016.7.9.JPG

何だかごちゃごちゃして賑やかというか何が何だかわからない風景ですね。
容器の手前には左から明日葉にアスパラにキャベツにニラが植えてあります。
もはやビオなのか家庭菜園なのかわからなくなってきていますが、
水場さえあればもうそれでビオということにしておきます。

先ほどの写真で既にお気づきでしょうか?
こんなことになりました。

水鉢とプラ池2016.7.9.JPG

姫睡蓮の2輪咲きが2種類同時に実現しました。
雨がやんだ直後なので花も葉っぱも濡れています。

まずは赤花姫睡蓮です。

水鉢2016.7.9.JPG

これはライラシャという品種だったと思います。
昼の正午くらいに咲きまして昼過ぎに閉じます。
いつも昼過ぎに庭に行くので見れても閉じかけばかりです。
右のは閉じかかっていますが左のはちゃんと開いていますね。

赤花姫睡蓮2016.7.9.JPG

雨が降っていて日が差していないので時間がズレてしまったようです。
お陰で久しぶりにちゃんと咲いているのを見ることができました。

次は黄色姫睡蓮です。

プラ池2016.7.9.JPG

こちらはヘルボラという品種で間違いないと思います。
昼過ぎに咲き始めて夕方に閉じます。

黄花姫睡蓮2016.7.9.JPG

赤もそうですが黄色も次々に蕾が上がってきていまして、
ほとんど毎日のように花が見れています。
肥料をたっぷりと仕込んでおいたのが効いているのでしょう。

最後に睡蓮の様子です。

睡蓮2016.7.9.JPG

これが今年最初の蕾です。
おそらく明日の朝に咲くと思われます。
寝る前に撮影する予定です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする