2016年08月01日

自然採集に行ってきました2016夏 前編

毎年恒例の夏の自然採集に行ってきました。
ということで毎度おなじみの田んぼです。

田んぼ2016.7.30.JPG

稲穂がたわわに実っています。
晴天ですがちょうどいいくらいの風が吹いていてそれほどは暑くありませんでした。
ちょっと前に草刈りをしてあるようですが早くも草が復活してきている感じでした。
うちの畑も雑草との格闘が続いていますのでその大変さがよくわかります。

ということでこのフィールドでは定番の水門のところにまずは行きました。

水門2016.7.30.JPG

春もこうやってのぞき込んでいる時にカメラを落としたんです・・・
今回は胸ポケットにカメラは入れずにズボンのポケットに入れました。
なので今回はカメラは無事でした。
何度も網を入れたのですが魚がなかなか入ってくれません。
そしてザリガニとジャンボタニシがやたらに入ってくるんです。
どちらも稲には有害な生物ですね・・・
でも何度もしつこくやっていたらなかなか取れない魚も入りました。

そしてもうひとつの有力ポイントに移動しました。

用水路2016.7.30.JPG

用水路と田んぼとの水門です。
ここではコンスタントに魚が取れました。
でも一番狙っていた鯉が結局取れませんでした・・・

いろいろ取れた魚の中にはこんなのも・・・

雷魚2016.7.30.JPG

ピントがボケてしまってますが何かわかりますでしょうか?
頭が大きくてこのヘビみたいな模様。
これは明らかに雷魚ですね。
カムルチーとか台湾ドジョウとも言います。
雷魚の幼魚なんて初めて見ました。
好奇心に負けて持ち帰りそうになりましたが思いとどまりました。
メダカが食べられてしまうのをむざむざ放置しておけませんので・・・
後ろ髪を引かれつつリリースしました。

ということで今回の採集量です。

クーラーボックス2016.7.30.JPG

数はあまり多くありませんがこれまであまり取れなかった魚が取れました。
何が取れたのかは次回後編で。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

自然採集に行ってきました2016春 後編

前回記事から2週間も経過してしまいました・・・
やっと後半開始です。

それではまずはこれです。

メダカ2016.5.22.JPG

メダカです。
4匹取れました。
春に行ってもメダカが全然取れないので夏と秋にだけ行っていたのですが、
今回は少ないながらも一応は取れました。

次はこれです。

フナ2015.5.22.JPG

フナです。
5匹取れました。
サイズ的にはさっきのメダカと同じくらいか小さいくらいです。
これだけ小さいのは初めて取れました。

次はこれです。

川魚2016.5.22.JPG

パッと見にはさっきのフナと同じように見えるのですが、
顔つきがマスっぽい感じです。
2匹取れました。
小さいので写真だとわかり辛いですね。
容器に入れてしまったらフナと見分けがつきません・・・

次はこれです。

クチボソ2016.5.22.JPG

おそらくクチボソだと思います。
これ1匹だけです。
大きさは10cmくらいです。
これまで毎年取れていた何だかわからない川魚もクチボソかとも思っていたのですが、
どうやらこれが正真正銘の本物だと思われます。
警戒心が強くて餌の時に一瞬しか水面までは来ません。

次はこれです。

エビ2016.5.22.JPG

モエビだと思います。
数十匹は取ってきたのですが翌日には3匹しか生き残っていませんでした。
そしてこの3匹も今は見当たりません・・・

次はこれです。

タニシ2016.5.22.JPG

タニシです。
10匹取ってきました。
ジャンボタニシを持って帰らないように慎重に選んできました。
でもそれらしきものは混ざっていなかったと思います。
容器内を浄化してくれることを期待しています。

最後はこれです。

カワニナ2016.5.22.JPG

カワニナです。
5匹取ってきました。
これも毎年取ってきていますがなかなか生き残ってくれません。
越冬が難しいのですかね?
タニシですら半分以上は落ちてしまいますし・・・

ということで角タライの様子です。

角タライ2016.5.22.JPG

底土の上に溜まったヘドロを取り除こうと網で引っ掻き回したので濁ってしまいました。
あれから何度も雨が降っているので今はだいぶ水が澄んできました。
それでもまだ水中の様子は見辛いです・・・

もっといろんな種類がごちゃ混ぜになって泳いでいるにぎやかな状態にしたいですね。
また7月か8月にでも取りに行きたいと思っています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

自然採集に行ってきました2016春前編&睡蓮の植え替え

毎年夏と秋にだけ行っていた自然採集ですが、
今年は春にも行ってみることにしました。
ということで毎度同じ田んぼです。

田んぼ2016.5.21.JPG

田植えが終わったばかりですね。
実は記事にはしませんでしたが以前にこのくらいの時期に行ったことがあるんです。
その時は全く取れませんでした。
なので春は行くだけ無駄と判断していたんです。
でもあの時はたまたま取れなかっただけかもしれないと思いまして、
思い切って行ってみることにしました。
春は春だけ取れる魚があるかもしれませんしね。

まずはいつも手堅く取れる水門に行きました。

用水路2016.5.21.JPG

この水門は夏以降は閉じられているんですが春は水田に水を張るので開いています。
いつもとは状況が違うのでいつもとは違う何かがあるかもしれないと期待が高まります。

網を入れてみました。

網2016.5.21.JPG

メダカとタニシとザリガニが入りました。
ザリガニにだけ退場してもらいました。

さてもう一度と身を乗り出して用水路を覗き込んだ時に事件が・・・
服の胸ポケットに入れていたデジカメが落ちてしまいました!
慌てて取り上げたのですが普通のデジカメで防水ではありません。
恐る恐る電源を入れてみたら・・・何とか起動はするんです。
が、レンズが出てこなくなってしまってエラーが出てシャットダウンしてしまいます。
日差しがきつかったので日に当てて乾かしたのですが、
砂の粒等の汚れが詰まっているようでやはり途中で止まってしまいます。
ということで御釈迦になってしまいました・・・
ショックで現実感が無くなってしまって呆然としてしまいました・・・
夢なら早く覚めてくれと祈りましたがこれが現実です・・・

仕方が無いので撮影できないまま採集を続けました。
そしてある程度の収穫を得て帰りました。
帰ってたらすぐに水合わせをしました。
そして一晩そのままにしておきました

翌日、角タライの中に入れる前に睡蓮の植え替えをすることにしました。

睡蓮2016.5.22.JPG

葉っぱがあちこちから出てきていていくつにも株分かれしているのがわかります。
ちなみにこの写真はブログを始める前に使っていたデジカメで撮影しました。
液晶画面が小さいのでちゃんと写っているのかわかり辛いです・・・
取り出してみたらこちらも根っこがギッシリと詰まっていてかなり窮屈そうでした。
根っこを全て取り除きまして大きい葉っぱが生えている株だけ残しました。

睡蓮処理済2016.5.22.JPG

花が何度も咲くようにたっぷりと肥料を仕込んでおきました。
これまでいろいろと試行錯誤してきましたが、
その甲斐あってやっとコツがわかってきました。
もっと大きな容器に入れればもっともっと花が咲くんでしょうけれど・・・

ということでこれが今回の採集量です。

水合わせ後2016.5.22.JPG

やはり目論みはある程度は的中していました。
でも数はあまり多くは取れませんでした。
何が取れたのかは次回後編で。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

自然採集に行ってきました2015秋 後編

帰宅してから水合わせをしまして一晩そのまま置いておきました。
そして翌日に角タライの中に入れました。

それではまずはこれです。

メダカ201510.4.JPG

黒メダカです。
かなり大きいのから幼魚サイズまでいろいろです。
ウジャウジャいます。
本当は繁殖して増やしたいのですがどうにもワイルドは産卵数自体が少ないんです。
でもちょっと多過ぎたかなぁ...と。

次はこれです。

川魚2015.10.4.JPG

何だかわからない川魚です。
メダカ以外にもいろんな種類がいた方が見ていて楽しいのですが、
秋はあまり取れません。
2匹だけでした。

次はこれです。

エビ2015.10.4.JPG

エビです。
モエビだと思いますがいつの間にかいなくなってしまいます。
コイやフナが食べているのでしょうか?
10匹くらいだと思います。

次はこれです。

巻貝2005.10.4.JPG

おそらくカワニナだと思います。
これもいつのまにか消えてしまいますね。
5匹くらいだと思います。

最後はこれです。

タニシ2015.10.4.JPG

タニシです。
夏に取ってきたジャンボタニシには睡蓮の葉っぱをメチャクチャにされてしまったので、
今回は慎重に見分けて日本タニシを取ってきました。
これは一応は繁殖しているようなのですがそれでも思うようには増えませんね。
もっとたくさん取りたかったのですが3匹だけでした。

ということで角タライの様子です。

角タライ2015.10.4.JPG

取ってきたばかりなので警戒心が強いですね。
右上の方で群れているのがわかりますでしょうか?
あれから1週間経ちましたが餌は食べるもののまだまだ人影に怯えていますね。
これから寒くなってくると何年もいる魚でも食欲が低下して警戒心が強まりますので、
慣れるのは来年の春以降かもしれませんね。

もうちょっと魚種が豊富な場所を開拓したいところですね。
でも車をとめやすくて人目を気にしなくていい場所ってのはそうは無いものです。
野池で釣ってくるってのも検討してみますかね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ  人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

自然採集に行ってきました2015秋 前編

9月はあんなに寒かったのに10月に入ったら猛暑ですよ猛暑。
車の中が暑いので冷房をかけながら出かけました。

とりあえずいつもの田んぼの様子です。

自然採集2015.10.3.JPG

稲の刈り取りが既に終わっています。
こう見るといかにも秋の風景なんですが暑いです・・・
当然ながら水が抜かれていまして用水路にも水がほとんどありませんでした。
僅かに水が残っている場所も少しはあったのですが魚はいませんでした。
もう何年も通っていますからこの辺は承知しております。

この時期に魚を採集できるのはこの場所だけです。

用水路2015.10.3.JPG

水門のところにだけ水がそこそこ溜まっていまして、
この狭い範囲であるがゆえに一網打尽に採集できるのです。

ということで早速網ですくってみました。

網2015.10.3.JPG

魚とエビと貝が入りました。
この後も何度も網を入れまして取り捲りました。

ということでこれが今回の全採集量です。

クーラー2015.10.3.JPG

ほとんどメダカですが僅かに他の魚も混ざっています。
いつもなら10〜30匹くらいしか持ち帰らないんですが、
今回は採れただけ全部持ち帰りました。
100匹まではいないとは思いますが50匹は軽く超えていると思います。
黒メダカの繁殖がうまく行かないので採集でまかなうことにしました。

何を採集できたのかは次回後編で。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ  人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする