2016年10月11日

自然採集に行ってきました2016秋 後編

では前回の続きです。

翌日に見に行ってみたら数匹落ちていたもののほとんどは元気でした。
ではまずはこれです。

メダカ2016.10.9.JPG

メダカです。
春や夏よりも秋に最も大漁にメダカが取れます。
いつもは2・30匹までにしておくんですが今回は5・60匹は取ってきました。
あの水門のところにいたメダカをほとんど取ったかもしれません。
黒メダカの繁殖がうまくいかないので採集でまかなうことにしました。

次はこれです。

川魚2016.10.9.JPG

何だかわからない川魚の稚魚です。
一見するとメダカと見分けがつかないんですが、
よく見てみると体型が細いのですぐにわかります。
3・4匹ほどいるようです。
これはクチボソの稚魚なんですかね?

最後はこれです。

タニシ2016.10.9.JPG

タニシです。
ジャンボタニシがたくさん混ざってくる中でちゃんと日本タニシをチョイスしてきました。
これも飼育下でも自然繁殖が可能なんですが越冬後に激減してしまいます。
春と夏に取ってきたタニシはとても働き者でみるみる容器の中がきれいになりました。
タニシの威力はかなりのものです。

先ほどから写真の中にエビが写っていますが意図的に取ってきたのではありません。
メダカを網からクーラーボックスの中に入れる時に一緒に入ってしまうのです。
うちの環境下ではあまり長く持たないんですよね・・・

ということですべて角タライに入れました。

角タライ2016.10.10.JPG

これはさらに翌日の様子です。
あんなに大量に取ってきたのにほとんどが底の方に隠れてしまって見えません。
だんだんと寒くなりつつあるので、
フナもクチボソも食欲よりも警戒心が強くなってきて人影があるとなかなか出てきません。
餌をまいてやったら警戒しながらも一応は出てきて食べていました。
新たに取ってきたメダカがうちの環境に慣れるまではまだ結構かかるでしょうね。

ビオシーズンももうすぐ終わりですね。
今年もあまりうまく行きませんでした・・・
魚種を増やすためにも新たな採集場所を開拓しようかと考えています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442701430

この記事へのトラックバック