2016年05月09日

姫睡蓮が開花&メダカの移動をしました

GWも過ぎましてだんだんと夏へ向かって暖かくなってきていますね。
そしてビオシーズンの本格スタートを告げるものが咲きました。
とりあえず水鉢の様子です。

水鉢2016.5.7.JPG

赤花姫睡蓮に花が咲きました。
3月中旬にリセットしてからひと月半での開花です。
この姫睡蓮は正午くらいに開花するので私の生活時間ではなかなかお目にかかれないんですが、
この日は朝まで雨が降っていたので開花時間がズレたようです。

赤花姫睡蓮2016.5.7.JPG

でもまぁ半開きと言いますか閉じかけですね。
ピンクと黄色が鮮やかです。

というのはこの日たまたま咲いていたからでして、
今回はメダカをそれぞれ別容器に分ける作業の記事です。
ということで丸タライの様子です。

丸タライ2016.5.7.JPG

こちらの姫コウホネも蕾が出てきています。
まだリセットしてないのに・・・
メダカが各種入っています。
もっといたんですが冬の間や春先の気温の急変でどんどん減っていきました。
やっぱり容器を土に埋め込んだ方が安定するのでしょうけれど・・・

まずは幹之を水鉢に移動しました。

幹之2016.5.7.JPG

幹之が3匹に黄金光が2匹です。
幹之はさすがにスーパー強光だけにしっかりと色が出ています。
黄金は地味ですね。
この数では繁殖できるかどうか微妙です。

次は楊貴妃をプラ池に移動しました。

楊貴妃2016.5.7.JPG

楊貴妃が3匹にヒメダカが1匹です。
楊貴妃のうち2匹はまだ幼魚サイズです。
この数では繁殖は厳しいかもしれませんね・・・

最後に白を白鉢に移動しました。

白2016.5.7.JPG

こちらは一番数が多くて12匹います。
幼魚サイズもいくつか混ざってはいますがこれなら何とか繁殖は行けそうです。
でも水が濁っています。
おそらく肥料として仕込んだ油粕の影響だと思います。
ということは埋めておいた茶碗蓮の細いレンコンが結局枯れてしまったようです。

一番小さい容器に一番数の多い白を入れました。
昨年はこの容器で白の稚魚を育てたというのもありますが、
おそらく楊貴妃の繁殖には数が足らないと思われるので新たに購入するしかなさそうです。
なのであえて広いプラ池を楊貴妃用にしました。
幹之もまた卵を購入せざるを得ないような予感がしています。

翌日早速ホテイアオイをホムセンで買ってきました。
毎年言ってますがもう本当に何が何でも今年こそは大繁殖を成し遂げたいです。
丸タライは水量が100L以上あるのでいくらでも卵を入れれます。
今年は本当にやりますよ!!!

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437675368

この記事へのトラックバック