2016年04月10日

イチジクを植えました

うちの畑では野菜以外にも果樹も栽培しております。
うまく行っているものいないもの様々なんですが、
当初はうまく行っていたイチジクがここ数年でダメになってしまいました。
ゴマダラカミキリに卵を産み付けられて幼虫に木の中を食害されてしまったんです。
次々に枝が枯れてしまったので主幹を切ってみたらド真ん中に大穴が空いていました・・・
そこでまだ生きている枝を地面に刺しました。
いわゆる挿し木です。
ただこのまま畑に置いておくのではまた同じことの繰り返しになりかねません。
ということで庭で栽培することにしました。

とりあえずイチジクです。

イチジク2016.4.9.JPG

2株あります。
液肥を入れた水の中に根っこを1日ひたしておきました。
ドーフィンという品種です。

当初は鉢植えにするつもりだったのですが、
収穫を望めるような大きさにまで育てるにはかなり大きな鉢が必要だと思うんです。
それにイチジクは強健なのでどんな土でもおそらく行けると思うんです。
そこで急遽、地植えにすることにしました。
スコップで穴を掘って油粕を元肥として入れましてさらに培養土を入れて植えました。

まずは1株目です

イチジク1本目2016.4.9.JPG

丸タライとフェンスの間に植えました。
この場所には南天の木が植えてあったのですが引っこ抜いて別の場所に植え替えました。
葉っぱが芽吹いてきていますね。

次は2株目です。

イチジク2本目2016.4.9.JPG

角タライとフェンスの間に植えました。
こちらにも何かの花の球根から芽吹いていたのですが、
構わずに穴を掘って植えちゃいました。

最後にこれです。

イチジク小枝2016.4.9.JPG

爪楊枝ほどの長さの小さな枝です。
ポロっと1本取れてしまいました。
イチジクはこんな小さな欠片からでも育つんだそうです。
どうなるのか試してみることにしました。

イチジク3本目2016.4.10.JPG

こちらは鉢植えにしました。
明日葉に使ったのと同じ鉢です。
収穫はともかくここからどう育つのか興味しんしんです。

またしてもビオからかけ離れたものが始まってしまいました。
でもイチジクは水気を好むのでビオの容器の近くに植えるのは最適だと思うんです。
トリミングした蓮や睡蓮の葉っぱも土の栄養になりますしね。
うまく行けばこの夏や秋の収穫も可能かもしれませんがおそらく無理でしょう。
妥当に行って来年からだと思います。
そしてまだまだスペースは空いています。
実は違う品種のイチジクの栽培も検討しているんです。
今年のうちの庭は何かとにぎやかになりそうです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イチジク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック