2013年10月08日

自然採集に行ってきました2013秋

今年も秋の採集に行ってきました。
とりあえずこれがいつも行っているの田んぼの様子です。

田んぼ2013.10.5.jpg

すっかり稲刈りも終わって水か抜かれています。
なので用水路にもほとんど水がありません。
昨年はとても驚きましたが今年はわかっていたので、
僅かに水が残っているであろう場所に真っ直ぐ向かいました。

用水路2013.10.5.jpg

この水門のところにはやはり水がありました。
そして小魚の気配をしっかりと感じます。
少し追い込んでから網ですくってみました。

大漁2013.10.5.jpg

いきなりの大漁です。
水が少なくて逃げる場所がありませんしね。
こんなにいらないので小さいのを選別して残してほとんどは逃がしました。
その後も何度も網を入れましたがほどんどメダカばかりでした。
秋は春ほどは魚種が豊富ではありませんね。
ということでこれが今回の全採集量です。

採集2013.10.5.jpg

ほどほどにしか採集しませんでした。
庭の狭い容器の中で飼うのでこのくらいでしょう。

ということで家に帰りまして水合わせの後、角タライに入れました。
まずはこの魚です。

川魚2013.10.5.jpg

何という種類の稚魚かわかりませんが夏も全く同じのを採集しました。
でも落ちてしまったようで今はおりません。
今回も2匹採集できました。
越冬できるといいのですが...

次はメダカです。

メダカ2013.10.5.jpg

昨年の秋に採集してきた黒メダカの産卵数が少なかったので、
自前での繁殖がうまく行っていません。
なので自然採集でまかなうしかない状態です。
20匹くらい持ち帰りました。

次はこれです。

モエビ2013.10.5.jpg

モエビです。
夏も採集しましたがすべて落ちてしまったようです。
飼育下での繁殖は難しいようですね。

あとはタニシも採集しましたが撮影しようとしたらカメラがバッテリー切れになってしまいました。
暗くなってきていたので急いで角タライの中にすべて放り込みました。
そしてこれが翌日の角タライの様子です。

角タライ2013.10.5.jpg

メダカがもっと逃げ惑うかと思っていたのですが、
昨年採集したメダカが人馴れしているからかとても落ち着いています。
でも餌を撒いても採集してきたばかりのメダカはまだ食べようとはしません。
まぁじきに食べるようになるはずです。

なるだけ魚種を増やしたいのですが、
なかなか川魚の稚魚がうまく成長してくれません。
水は澄んでいますが厳しい環境なんでしょうね。

ビオシーズンもあと1ヶ月ほどですね。
まだ今も黄色姫睡蓮の花が咲いています。
さて次はメダカの稚魚をどうするかですね...

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ  人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 02:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはー。
大漁ですね!
稲刈りの終わった田んぼをみると、
つい入り込んでみたくなります。
珍しい水田雑草がけっこう有ったりするんですよ。
最初の魚はモッゴ(クチボソ)では?
Posted by at 2013年10月13日 23:53
こんばんわ。

私は植物に疎いのでよくわからないんです。
でも黒メダカには睡蓮よりも水田雑草の方が合うでしょうね。
来年はそちらも合わせてチェックしてみます。

もう少し大きいのでクチボソっぽいのがいるのですが、
あれの稚魚なんですかねぇ?
Posted by ひ辻 at 2013年10月14日 01:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック