2017年08月07日

自然採集に行ってきました2017夏

今年の夏も自然採集に出かけました。
毎回隣の市まで行っていたのですが、
今回初めてうちの近所に行ってきました。

相川2017.7.29.jpg

相川という2級河川です。
家から最も近い川です。
主に田んぼや畑の農業用水に使われています。
うちの畑もこの近くにあるのですが川沿いでは無いのでこの水は使えていません。
どこか足場がないか車を走らせながら見ていたのですがなかなかありません。
でも何とか見つけました。

船着場2017.7.29.jpg

船着場?みたいな感じでしょうか。
とりあえず適当に車をとめて見に行ってみました。
小魚が見えたので網ですくってみました。
僅かに何かが取れました。

ところが上の方から誰かの声が・・・
実は車をとめた場所が月極駐車場でして、
その土地の持ち主と思わしき人からクレームが来ました。
ほんの5分か10分のつもりだったので、
いけないんだけどと思いつつとめたら即刻この有様です。
そそくさと場所を移動しました。

同じ川のほんの少し下流へと向かいました。

相川藤方2017.7.29.jpg

川を横切るように用水路が通っています。
ここも足場がありませんねぇ・・・
中をのぞきこんでみたら巨大な鯉が5・6匹悠然と泳いでいました。

鯉2017.7.29.jpg

黒いのは見辛いですが1匹だけクリーム色の色鯉もいました。
60〜80cmくらいの大きさだと思います。
こういうのを見ると釣ってみたくなるんですが、
仮に釣れたとしても重くて釣り上げられませんがね・・・

先ほどの用水路は住宅街の間を通っています。

どんどこ2017.7.29.jpg

実はこの付近は私が生まれた時に住んでいた家があった場所のすぐ近くなんです。
そこには4歳までいました。
当時はコンクリートで舗装されていませんでした。
どんどこと呼ばれていたその用水路が幼児期の私の遊び場でした。
そこで採集した魚やザリガニなどの水生生物を入れた容器が家の軒下にズラリと並んでいました。
いい歳をしたおっさんになってもいまだにこんな遊びを続けているのは、
間違いなく当時の経験から築かれた感性によるものだと思います。

とまぁ感慨に浸りつつ帰りました。
それでは今回の採集結果です。

魚2017.7.29.jpg

小魚が7匹だけです。
しかもそのうち5匹が既に落ちていました・・・
何だかわからない川魚の稚魚か幼魚だと思います。
生きていたのはこの2匹だけでした。

メダカ2017.7.29.jpg

結局メダカが2匹取れただけでした・・・
水合わせのあとに角タライに入れました。

角タライ2017.7.29.jpg

睡蓮がほぼ毎日のように咲いています。
それを見るのが毎朝寝る前の楽しみになっています。
今年も黒メダカの繁殖はうまく行きませんでした。
卵は産んでいるようなのですが他の魚に速攻で食べられてしまっているようです・・・

なぜ今回はいつもの田んぼじゃなくて川にしたのかと言いますと、
きっかけはtake51さんのブログの記事です。
あちらは四国の清流なのでとてもきれいですが、
うちの近所の川は昔からゴミだらけでドブ川も同然です。
でも真っ先に思い浮かんだのは幼い頃に遊んだ場所でした。
うちの地元ももっと山奥へ行けば清流もあるのですが時間が掛かるので・・・
いつになるかわかりませんが良さそうな場所を調べて行ってみようかと思っています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 01:33| Comment(0) | 自然採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする