2016年05月23日

自然採集に行ってきました2016春前編&睡蓮の植え替え

毎年夏と秋にだけ行っていた自然採集ですが、
今年は春にも行ってみることにしました。
ということで毎度同じ田んぼです。

田んぼ2016.5.21.JPG

田植えが終わったばかりですね。
実は記事にはしませんでしたが以前にこのくらいの時期に行ったことがあるんです。
その時は全く取れませんでした。
なので春は行くだけ無駄と判断していたんです。
でもあの時はたまたま取れなかっただけかもしれないと思いまして、
思い切って行ってみることにしました。
春は春だけ取れる魚があるかもしれませんしね。

まずはいつも手堅く取れる水門に行きました。

用水路2016.5.21.JPG

この水門は夏以降は閉じられているんですが春は水田に水を張るので開いています。
いつもとは状況が違うのでいつもとは違う何かがあるかもしれないと期待が高まります。

網を入れてみました。

網2016.5.21.JPG

メダカとタニシとザリガニが入りました。
ザリガニにだけ退場してもらいました。

さてもう一度と身を乗り出して用水路を覗き込んだ時に事件が・・・
服の胸ポケットに入れていたデジカメが落ちてしまいました!
慌てて取り上げたのですが普通のデジカメで防水ではありません。
恐る恐る電源を入れてみたら・・・何とか起動はするんです。
が、レンズが出てこなくなってしまってエラーが出てシャットダウンしてしまいます。
日差しがきつかったので日に当てて乾かしたのですが、
砂の粒等の汚れが詰まっているようでやはり途中で止まってしまいます。
ということで御釈迦になってしまいました・・・
ショックで現実感が無くなってしまって呆然としてしまいました・・・
夢なら早く覚めてくれと祈りましたがこれが現実です・・・

仕方が無いので撮影できないまま採集を続けました。
そしてある程度の収穫を得て帰りました。
帰ってたらすぐに水合わせをしました。
そして一晩そのままにしておきました

翌日、角タライの中に入れる前に睡蓮の植え替えをすることにしました。

睡蓮2016.5.22.JPG

葉っぱがあちこちから出てきていていくつにも株分かれしているのがわかります。
ちなみにこの写真はブログを始める前に使っていたデジカメで撮影しました。
液晶画面が小さいのでちゃんと写っているのかわかり辛いです・・・
取り出してみたらこちらも根っこがギッシリと詰まっていてかなり窮屈そうでした。
根っこを全て取り除きまして大きい葉っぱが生えている株だけ残しました。

睡蓮処理済2016.5.22.JPG

花が何度も咲くようにたっぷりと肥料を仕込んでおきました。
これまでいろいろと試行錯誤してきましたが、
その甲斐あってやっとコツがわかってきました。
もっと大きな容器に入れればもっともっと花が咲くんでしょうけれど・・・

ということでこれが今回の採集量です。

水合わせ後2016.5.22.JPG

やはり目論みはある程度は的中していました。
でも数はあまり多くは取れませんでした。
何が取れたのかは次回後編で。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

姫コウホネと茶碗蓮の植え替えとメダカ産卵

畑が忙しくてビオに構っている余裕がなくなってきているのですが、
最低限のことはやらないと何も始まらないのでやるしかありません。

ということで丸タライに取り掛かりました。

姫コウホネ2016.5.14.JPG

まずは姫コウホネを取り出しました。
早くも蕾が出てきています。
咲くまで待ちたかったのですが日程的に今やるしか無いので・・・
植木鉢の底から根っこが長く伸びてしまって底土の中に侵入していました。
これをぶっちゃけてみたらエラいことになっていましたが写真を撮り忘れました。
根っこがグチャグチャに張り巡らされてかなり窮屈そうでした。
もっと大きな鉢に変えた方がいいのだろうか・・・

姫コウホネ処理済2016.5.14.JPG

これはもう処理が終わった後の状態です。
2株に分かれていました。
とりあえず、このままにしておきました。

次に茶碗蓮を取り出しました。

茶碗蓮2016.5.14.JPG

毎年のことですが姫コウホネ同様にエラいことになっています。
レンコンが伸びまくってグチャグチャです。
こちらも処理しました。

茶碗蓮処理済2016.5.13.JPG

先端のこれだけを残しました。
時間が無くなってしまったのでこれもバケツに入れましてこの日の作業は終了しました。

そして翌日に鉢に植えまして丸タライの中に沈めました。

丸タライ2016.5.15.JPG

姫コウホネの蕾が萎れてしまっていました・・・
もう1株の姫コウホネは白メダカが入っている白鉢に植えました。
そして冬の間は濁っていた水が春になって雨が多くなったら水が澄んできたのですが、
植え替えのために鉢を出し入れしたらまた濁ってしまいました・・・
まぁ別に稚魚の育成には問題は無いと思います。

稚魚と言えばもう既に採卵の準備はできていまして、
数日前から産卵床のホテイアオイがそれぞれの容器に入れてあります。
この日にホテイの根っこをチェックしてみました。

白メダカ卵2016.5.15.JPG

卵が2個あるのがわかりますでしょうか?
早くも卵を産んでいました。
これは白メダカの卵です。
全部で3個採卵できました。
このあと楊貴妃のもチェックしましたがありませんでした。
幹之のをチェックしたらこちらも3個ありました。
すべて丸タライの中に入れておきました。

この調子なら白と幹之は今の戦力でも行けそうですね。
一番数の少ない楊貴妃がどうなるかが問題です。
とりあえず今月いっぱいは様子を見てから親メダカを購入するかどうかを判断します。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

姫睡蓮が開花&メダカの移動をしました

GWも過ぎましてだんだんと夏へ向かって暖かくなってきていますね。
そしてビオシーズンの本格スタートを告げるものが咲きました。
とりあえず水鉢の様子です。

水鉢2016.5.7.JPG

赤花姫睡蓮に花が咲きました。
3月中旬にリセットしてからひと月半での開花です。
この姫睡蓮は正午くらいに開花するので私の生活時間ではなかなかお目にかかれないんですが、
この日は朝まで雨が降っていたので開花時間がズレたようです。

赤花姫睡蓮2016.5.7.JPG

でもまぁ半開きと言いますか閉じかけですね。
ピンクと黄色が鮮やかです。

というのはこの日たまたま咲いていたからでして、
今回はメダカをそれぞれ別容器に分ける作業の記事です。
ということで丸タライの様子です。

丸タライ2016.5.7.JPG

こちらの姫コウホネも蕾が出てきています。
まだリセットしてないのに・・・
メダカが各種入っています。
もっといたんですが冬の間や春先の気温の急変でどんどん減っていきました。
やっぱり容器を土に埋め込んだ方が安定するのでしょうけれど・・・

まずは幹之を水鉢に移動しました。

幹之2016.5.7.JPG

幹之が3匹に黄金光が2匹です。
幹之はさすがにスーパー強光だけにしっかりと色が出ています。
黄金は地味ですね。
この数では繁殖できるかどうか微妙です。

次は楊貴妃をプラ池に移動しました。

楊貴妃2016.5.7.JPG

楊貴妃が3匹にヒメダカが1匹です。
楊貴妃のうち2匹はまだ幼魚サイズです。
この数では繁殖は厳しいかもしれませんね・・・

最後に白を白鉢に移動しました。

白2016.5.7.JPG

こちらは一番数が多くて12匹います。
幼魚サイズもいくつか混ざってはいますがこれなら何とか繁殖は行けそうです。
でも水が濁っています。
おそらく肥料として仕込んだ油粕の影響だと思います。
ということは埋めておいた茶碗蓮の細いレンコンが結局枯れてしまったようです。

一番小さい容器に一番数の多い白を入れました。
昨年はこの容器で白の稚魚を育てたというのもありますが、
おそらく楊貴妃の繁殖には数が足らないと思われるので新たに購入するしかなさそうです。
なのであえて広いプラ池を楊貴妃用にしました。
幹之もまた卵を購入せざるを得ないような予感がしています。

翌日早速ホテイアオイをホムセンで買ってきました。
毎年言ってますがもう本当に何が何でも今年こそは大繁殖を成し遂げたいです。
丸タライは水量が100L以上あるのでいくらでも卵を入れれます。
今年は本当にやりますよ!!!

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

イチゴの植え替えを開始しました

このところビオらしからぬ記事ばかりなんですが今回もです。
うちの庭ではずっとイチゴを栽培していまして、
毎年今くらいの時期から収穫が始まります。
とりあえず、庭の様子です。

庭2016.4.23.JPG

どれがイチゴかわかりますでしょうか?
左の方の地面に生えているのがイチゴです。
一部はプランター代わりの発泡スチロールの容器などにも植えてあります。
これらは元々うちの母が植えたイチゴがどんどんランナーを伸ばして増えていったものです。
私も3年前にイチゴの苗を買ってきて丸タライの横に地植えしました。
収穫まで行けましたがあまりおいしくありませんでした。
その後、畑にもイチゴを植えましたが雑草に覆い被されて枯れてしまいました。

うちの庭の土は粘土質で硬いのですがどんどん増えています。

イチゴ2016.4.23.JPG

もはやうちの庭に自生しているも同然の状態です。
このイチゴはかなり丈夫で強健な品種なんでしょうか?
母が何と言う品種のイチゴを買ったのか覚えていないのでわかりません。
たくさん実がなるものの味はイマイチなんです・・・

植え替えの時期としては全然遅いでしょうね。

イチゴ開花2016.4.23.JPG

もう花が咲いて実がなりかけています。
でも気にせずに強行することにしました。
どうせこのままではおいしくないので・・・

植え替えると言っても別の場所へ移動させるとかいうのではありません。
管理がしやすいようにすべてプランター栽培に切り替えるということです。
かつて花を植えていて枯れてしまって土が入ったままで放置されているプランターが、
いくつも庭にあったのでそれを再利用することにしました。
一旦土を全部取り出してプランターの底に排水性のいい赤玉土を敷きまして、
その上に元肥として油粕と刈り取った雑草を敷きまして、
さらにその上から取り出した土をふるいにかけて小石等を取り除きながら入れまして、
さらにその上から市販の培養土を入れましてそこに植えました。
この作業がかなり大変でして大苦戦しています・・・

ということでたったこれだけですが植え替えました。

イチゴ植え替え2016.5.1.JPG

奥がプランターで手前が鉢です。
プランターに何株植えるのが適当なのかイマイチ判断できていません。
あまり植え過ぎると混み合って土の栄養が足らなくなるかもしれませんし、
かといって畑に植えるような間隔をあけると3株くらいしか植えれません。
まぁその辺も今後試行錯誤しながら見極めていくしかありませんね。

すべてを植え替えるまでにどのくらい時間がかかるのか今は検討もつきません。
畑の作業もあるので、できても週1ペースが限界ですね。
年内に終われるかどうかも怪しい気がしています。
とにかくまぁ今後はイチゴもビオの一員です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする