2015年07月31日

稚魚の様子

梅雨がやっと明けてすっかり真夏ですねぇ。
昼は容器の中の水がお湯になってますよ・・・
そんな中、稚魚が成長を続けています。

まずは今年新たに立ち上げた白い鉢です。

白鉢2015.7.25.JPG

購入した白メダカの卵から孵化した稚魚が入っています。
急遽立ち上げたので当初は白濁りしていましたがすっかり澄み切っています。
50匹くらいは孵化したはずでしたが梅雨の間にどんどん減っていきました。
今は20匹もいないくらいでしょうか。

白メダカ稚魚2015.7.25.JPG

一番最初に孵化が始まっただけあって成長も一番速いです。
もはや稚魚というよりも若魚という感じの大きさです。
この大きさなら丸タライの中に入れても問題無さそうですが、
秋までこのままで行こうかどうしようか迷っています。

次はプラ池です。

プラ池2015.7.25.JPG

黄色姫睡蓮が2輪咲きになっています。
まぁそれは置いておきまして購入した楊貴妃の卵から孵化した稚魚が入っています。
こちらは30匹以上はいるような感じです。

楊貴妃2015.7.25.JPG

大きさは若魚くらいから幼魚くらいまでまちまちです。
色はまだほとんどがヒメダカレベルなんですが1匹だけとても赤いのがいますよね。
でも背骨が曲がってしまっています・・・

最後は水鉢です。

水鉢2015.7.25.JPG

この容器は毎年シャジクモが大発生します。
そのお陰か毎年水がきれいなまま維持できています。
この中には購入した黄金光メダカの卵から孵化した稚魚が入っているはずなのですが・・・

黄金?2015.7.25.JPG

孵化した当初は透明な感じだったのですがだんだんと黒くなってきました。
じゃあ黒メダカかと言えばそうでもありません。
黒メダカよりも黒い感じです。
購入したショップの商品リストにある小川ブラックというメダカではなかろうかと思われます・・・
白も楊貴妃も成魚で注文したのに卵で届いた挙句に黄金光の卵も別の種類とかもうね・・・
でも光の加減や角度によってはこんな感じにも見えるんです。

黄金2015.7.25.JPG

こう見ると黄金光っぽいですよね。
もう何が何だかわかりません。
私が疑心暗鬼になっているだけでしょうか?
10数匹くらいいます。
これからどうなっていくのか見守ることしかできません。

孵化当初よりはずいぶんと減ってしまいましたが今のところは順調だと思います。
どれも幼魚サイズ以上にはなりつつあるので安定している感じです。
稚魚サイズの頃は毎日餌を与えていましたが、
今は水質の維持のために数日置きに様子を見ながら与えています。
気を抜かずに毎日しっかりと観察しながら育成していきます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ  人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

犯人が確定しました

翌日の昼過ぎに早速確認してみました。
タニシを睡蓮の葉っぱの上にのせてみました。

ジャンボタニシ2015.7.19.JPG

こう見ると触角が2本出ていて普通のタニシっぽく見えます。
大丈夫だったのかなと思いかけましたが現実は厳しいのです・・・

ジャンボタニシ触覚2015.7.19.JPG

短いのがもう2本生えていまして合計4本です。
やっぱりジャンボタニシでした・・・
ネットに出ている写真で見比べてみると殻の形が違うんですね。
このずんぐりとした巻き方がジャンボの特徴だそうです。

被害は睡蓮だけではありませんでした。

ホテイアオイ2015.7.19.JPG

ホテイアオイの葉っぱや浮き袋まで齧られてしまっています。
食べている現場を目撃できていないので確定としてしまうのは躊躇いはあるのですが、
被害が出だしたタイミングといい他にあり得ないので間違いないはずです。

そして最後に以前からいる普通のタニシがこれです。

タニシ2015.7.19.JPG

やはり殻の形や色が違いますね。
それに普通のタニシは置いてもなかなか動き出さないんです。
ちょっとの刺激でもすぐに殻の中に戻ってしまいます。
すぐに動き出すジャンボとはそういうところも対照的です。
結局しばらくこうしておいても触角は出しませんでした・・・

大きい方が汚れを食べてくれる能力が高いのではと欲をかいたのが失敗でした。
確かに角タライの壁面はきれいになりましたがそれ以上の代償を払うことになりました。
かわいそうですが処分するしかありませんね。
秋に自然採集に行った時にはちゃんと見分けます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ  人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

犯人は誰だ?

台風が去った翌日に庭に様子を見に行きました。
これと言って被害は無かったんですがあることが気になっていまして・・・

とりあえず角タライの様子です。

角タライ2015.7.18.JPG

何度も大雨にさらされているのですが水が濁ったままです。
魚たちは元気なので水の状態は悪くないように思います。
そして睡蓮には連日白い花が咲いています。
この花を見てから寝るのが日課になっています。
まぁそんなことはさて置きまして睡蓮の葉っぱが・・・

睡蓮葉っぱ2015.7.18.JPG

齧られまくっていまして・・・
これまでもバッタや蜂にやられたことはあるのですがここまで酷くはありません。
カラスがイタズラに来ているのかと思ったのですが、
釣り糸がしっかりと張り巡らしてあるので鳥は近付けないはずなのです。
そして最も気になるのはこれです。

睡蓮茎2015.7.18.JPG

睡蓮の蓮根から伸びている茎が切られてしまっているのです。
ハサミのような鋭い何かで切られたのとは違うと思います。
何ものかに齧られて切れてしまったのだと思います。
ということは犯人は水中にいるということに・・・
となると犯人は・・・

タニシ2015.7.18.JPG

お前か???
これってもしかしてジャンボタニシですかね?
ネットで写真を見てみても在来種のタニシと殻の見た目ではイマイチ区別がつきません。
自然採集をしに行っている田んぼにはジャンボタニシの卵をよく見かけるので、
あそこにいるのは間違いないんです。
このくらいの大きさならたぶん普通のタニシだろうと安易に持ち帰りましたが、
やっちまったのかなぁ・・・

あまり時間が無かったのでとりあえず稚魚育成容器の中に隔離しました。
見分け方としては触覚が2本なら普通のタニシで4本ならジャンボなんだそうです。
とりあえず確認してみます。
結果は次回にて。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ  人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

自然採集に行ってきました2015夏 後編

帰宅後すぐに水合わせをしましてそのまま一晩置いておきました。
体のぬめりが取れてしまったメダカがヨロヨロと泳いでいたりして、
どうにも弱っているようで少し心配でした。
それではこれが翌日の様子です。

クーラー2015.7.12.JPG

濁っていて少し見辛いですがメダカも他の魚もすべて元気でした。
弱っていたメダカも落ち着いたように見えたのですが・・・

それでは今回採集した魚たちのご紹介です。
まずはこれです。

メダカ2015.7.12.JPG

メダカです。
この春に生まれた若魚だと思われます。
まだ体が細くて小さいです。
全部で6匹いました。
でももっとその倍くらいはいたはずなんです。
夜の間に落ちてしまって食べられてしまったのかもしれません・・・

次はこれです。

川魚2015.7.12.JPG

何だかわからない川魚です。
このくらいの大きさのとこの半分くらいのがトータル9匹いました。
すべて同じ種類だと思われます。
でも何ていう魚なのかいまだにわかりません。

次はこれです。

コイ2015.7.12.JPG

コイです。
毎回これを取りたかったのですがやっと取れました。
これともうひと回り小さいのと2匹います。
この大きいのは持って帰るかリリースするか迷ったのですが、
1匹だけでは寂しいかもしれないので・・・

次はこれです。

エビ2015.7.12.JPG

エビです。
10数匹はいると思います。
全部同じ種類に見えるのですが飼っているうちに違いが出てくる場合もあるので期待しています。
でもミナミヌマエビとは違って飼育下では増えませんし猛暑と極寒にも耐えられないようです・・・

最後はこれです。

貝2015.7.12.JPG

タニシと何だかわからない巻貝です。
いつもは豆粒サイズのを取ってくるのですが今回は大きいのにしてみました。
巻貝はこれだけでタニシは3匹います。
水を浄化してくれることに期待しています。

ということですべて角タライの中に入れました。

角タライ2015.7.12.JPG

やはり当然のことながら警戒心が強いですね。
これからだんだんと慣れてくるはずです。
餌を撒いたら先住の魚につられるように食べていました。
フナもコイも仲間がいる方が安心するようです。

これでとりあえず今年のビオは完成ですね。
これから冬までひたすら観察を続けていきます。
自然採集は今年もまた秋にも出かける予定です。
さぁ夏が始まりましたよ!!!

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ  人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

自然採集に行ってきました2015夏 前編

ついに梅雨が明けたのかまだなのかわかりませんが、
いきなり真夏日になりましたね。
実は先週の土曜日に行く予定だったのですが雨で行けませんでした。
猛暑の中いつも行く田んぼへ向かいました。

田んぼ205.7.11.JPG

写真ではわかりませんが鶴みたいな大きな鳥が何羽もいました。
田んぼの中は既に水が抜かれていました。
今年の梅雨は長雨と低気温で作物に影響が出ているようですね。

早速用水路の中を網で探ってみました。

用水路2015.7.11.JPG

水量がとても多くて流れも速いです。
水門のところに刈った雑草が溜まっていて、
その中をガサゴソとやってみたらいきなりメダカが大量に入りました。
毎年この時期はメダカはあまり取れないんですがなぜでしょうか?

でもメダカは昨年の秋に採集したのが結構生き残っているので、
もっと他の種類のが欲しいと思ってあちこち歩き回って探ってみました。
用水路の中の少しくぼんだところにしつこく網を入れてみたらこれが取れました。

コイフナ2015.7.11.JPG

口を確認してみたらこのうち2匹に髭がありました。
もう1匹は無かったのでフナだと思います。
うちには既に2匹フナがいるのでリリースしました。
このあとも思い当たる場所を探ってみまして数匹ゲットしました。
そして帰りました。

何を取ってきたのかは次回後編で。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ  人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする