2015年05月22日

稚魚がウジャウジャ

今年は購入したメダカがすべて卵で届いてしまいました。
初っ端から卵でスタートとなってしまいました。
1週間くらいはかかるだろうと思っていたのですが、
何と2日後には孵化が始まりました。
とりあえず稚魚育成容器の様子です。

稚魚育成容器2015.5.19.JPG

水鉢の水は透き通っていていい感じなのですが、
プラ池は少し濁りがある感じです。
左の鉢は水がよどんでしまっている感じで少し気がかりです。
水鉢の赤花姫睡蓮が咲いているようなのですがまだ花を見れていません。
それについてはまたいつか。

ではまずは左の鉢の白メダカの稚魚です。

白メダカ稚魚2015.5.19.JPG

こちらの卵が最初に孵化しました。
孵化のペースも速くて数も多いです。
50匹くらいいそうです。
稚魚の時点でちゃんと白いですね。

次はプラ池の楊貴妃の稚魚です。

楊貴妃稚魚2015.5.19.JPG

こちらも50匹くらいはいそうです。
まだ色は黄色っぽいですね。
赤い色は成魚にならないと出てきません。

最後に黄金光の稚魚です。

黄金光2015.5.19.JPG

こちらは孵化のペースが遅くてやっと20匹くらいといったところです。
色は黒っぽいのと透明のがいます。
黄金的な色は稚魚ではまったく見えませんね。

今くらいの気温の時はいいのですが、
これから夏になってくると高水温が心配ですね。
水質の意地も難しくなってきます。
毎年秋までには激減してしまうので今年は何とか生存率を上げたいです。
なりふり構わずとにかく繁殖を成功させることに全力を注ぎます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ  人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

産卵が始まりました

休日にホムセンに行きましてホテイアオイを買ってきました。
そして早速タライの中に入れておきました。
とりあえず丸タライの様子です。

丸タライ2015.5.19.JPG

白と楊貴妃と幹之が入っています。
親メダカたりえる大きさのもそれぞれ1匹ずつはいるのですが、
あとは幼魚サイズのばかりでして・・・
こんなので産卵まで行けるのだろうかと思っていたのですが、
とりあえず2日後にチェックしてみました。

卵2015.5.19.JPG

見事に産卵していました。
まさに案ずるより産むが易し。
15個くらい採卵できました。

そして角タライに入れたホテイからは5個採卵できました。
黒メダカの方が魚の数は多いのですが産卵数はいつも少ないんです。
他の魚に食べられてたりしてるんですかね?

もう既に3つの容器を稚魚育成用に立ち上げていますが、
また新たに2つ立ち上げて用意しておいていました。

軒下2015.5.19.JPG

左に丸タライからの卵を右に角タライの黒メダカの卵を入れました。
底砂も何も入っていないベアタンクですがメダカはこれでも無問題です。
昨年は1つの容器に大量に卵を入れすぎて失敗したので今回はほどほどに入れるつもりです。
その分容器を増やします。
これから夏まで毎日採卵ですね。
今年は何が何でもガッツリと繁殖しますよ!

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ  人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

イチゴを食べました

一昨年に庭でイチゴを栽培していました。
ランナーが次々に伸びてきて株を増やして畑に移植したのですがすべて枯れてしまいました。
親株も枯れてしまったので完全に終わったつもりだったのですが、
どうやらランナーの一部を見逃していたようで、
今年の春になったらいきなり大きな株を発見してビックリしました。
それを親株を植えていた場所に移植しまして再び栽培を始めました。

とりあえずイチゴの様子です。

イチゴ2015.5.19.JPG

葉っぱが枯れこんでしまいましたが新芽も出てきています。
移植する前から青くて小さい実がなっていましてやっと熟してきました。

イチゴ完熟2015.5.19.JPG

小さくて貧弱ですがおいしそうな色はしています。
その場で食べてみました。
ほとんど甘味が無くておいしくなかった・・・

まだ青い実も残っていて少しずつ大きくなってきています。

イチゴ未熟2015.5.19.JPG

これから順番に赤く熟してくるはずです。
でも味はイマイチ期待できそうにありませんね。

株の周りに間引いた蓮や睡蓮を敷いて土作りを進めていますが、
かなり時間がかかるでしょうね。
今シーズン中は無理だと思います。
今年は親株を枯らさないようにしたいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ  人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | イチゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

今日のカエルちゃん

4月に入ってからはほとんど毎日メダカに餌を与えているのですが、
角タライに餌を撒いてしばらくすると水面に何者かが浮かんできまして、
私がそれに気づいて顔を向けるとすぐに潜ってしまうのです。
ほんの一瞬の出来事なのですがそのシルエットから何かはすぐにわかりました。
そして毎朝寝る前に部屋の窓からそっとのぞくといつも水面に浮いているのが見えます。

ということでこの日も見てみると・・・

角タライ2015.5.14.JPG

タライのふちに乗っかっているのがわかりますでしょうか?
いつもは窓の障子をを開けただけですぐに潜ってしまうのですが、
この日はさらに窓も開けても逃げませんでした。
よほど日光浴をしたかったんでしょうね。

ということでアップで撮影してみました。

カエル2015.5.14.JPG

昨年もカエルがやってきましたが見つけた翌日にはいなくなりました。
同じ個体ではないはずですがどうやってうちまで来たのか不思議で仕方ありません。
100mくらい離れた場所には野池があるのでそこにはいくらでも居そうですが、
そこからうちまでの道のりはアスファルトの道路を通らねばなりません。
オタマジャクシを自然採集してきたことがありますが、
あれがカエルになってずっと近くに住み着いているんですかねぇ・・・

今年はどうやら角タライの中が気に入っていただけたようでして、
そのまま居ついてしまっています。
ただ私が近くにいると潜ったままほとんど出てきませんし、
中をのぞき込んでも底にたまったヘドロの中に隠れてしまって見えません。
一度捕まえてみたいような、そっとしておきたいような・・・
まぁすべてはカエルちゃん任せということで。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ  人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

睡蓮の植え替えをしました

休日は畑の作業は休んでビオの手入れを進めています。
そしてやっと最後の容器に取り掛かりました。
とりあえず角タライの様子です。

角タライ2015.5.9.JPG

睡蓮の葉っぱがもう既に生えまくっていまして葉っぱも大きいですね。
見ての通り底にヘドロが溜まっているのでかなり栄養豊富なんだと思われます。
でも水そのものは澄んでいてそこそこきれいだとは思います。
それでこの睡蓮が入れてある植木鉢を取り出そうと持ち上げたら、
鉢の底の穴から根っこが大量に伸びていまして底土も一緒に持ち上がってしまいました。
底土は荒木田土の上に赤玉が敷いてある状態でして、
荒木田土の泥が舞い上がってしまって水が濁ってしまいました・・・

これが植木鉢をひっくり返して取り出した睡蓮です。

睡蓮2015.5.9.JPG

巨大になっていくつも株が増えていてかなり窮屈そうです。
植木鉢のサイズがこの睡蓮には狭いんでしょうね。

その中からこの株を選びました。

睡蓮処理済2015.5.9.JPG

右奥にある株の方が葉っぱが大きくて多いのですが、
手前の方には蕾が出てきていたのでこっちにしました。
この小さい欠片がわずか半年で巨大な株になります。

これまでは植木鉢を2つ使って2株栽培していましたが、
水面が葉っぱだらけになってしまって魚が見え辛いので、
今回から1株だけすることにしました。

睡蓮鉢2015.5.9.JPG

植木鉢をやめまして底に穴の開いていない容器にしました。
これなら底土の中まで根っこが侵入することはなくなります。
いまいち見栄えのよくない容器ですが・・・
土は植木鉢を持ち上げた時に一緒に持ち上がってしまった荒木田土と植木鉢に入っていた赤玉をブレンドしたのと、
その上に新しい赤玉土をのせています。
水を濁らせずに荒木田土を使う方法として以前にjunさんに教えていただいたやり方です。
今ではそれを古い土を再利用する方法としても使っています。

ということで角タライが完了しました。

角タライ濁った2015.5.9.JPG

この濁りが消えなかったらタライごとリセットするつもりだったのですが、
2・3日でだいぶ澄んできまして4・5日で元通りになりました。
でも底にヘドロがだいぶ溜まってきているので来年にはリセットします。
魚は黒メダカが7・8匹にフナが3・4匹に何だかわからない川魚が1匹にフチツキ?が1匹です。
秋の時点ではメダカは30匹以上はいたのですが越冬するには厳しい環境なんでしょうね・・・
エビもすべて落ちてしまいました。
タニシは結構いるのですがさらなる水質浄化のためにもっと増やそうと思っています。

これで手入れはひと通り完了しました。
ホムセンで目を引かれる水生植物があれば買ってくるかも知れませんし、
夏にはまた自然採集に出かけます。
今年もいろいろと楽しみたいのですが畑が忙しいのであまり手をかけられないと思います。
ボチボチとやっていきます。
そして角タライに珍客が・・・
これについてはまた次回に。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ  人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする