2017年01月16日

アイスプラントの植え替えをしました

あけましておめでとうございます。
暖冬かと思いきや急に強烈な寒波がやってきたので少し焦っています。

その寒波が来る前にアイスプラントの植え替えをすることにしました。
とりあえずアイスプラントの様子です。

アイスプラントポット2017.1.9.JPG

セルポットに種蒔きしましたが待てど暮らせど一向に発芽してくれませんでして、
もうダメだとあきらめていたらいつの間にか何がが発芽していました。
最初は雑草だと思っていたのですがいつくか生えていたうちこれだけ残ったんです。
小さくてわかり辛いと思いますが7株生えています。

アイスプラント苗2017.1.9.JPG

使っているカメラが古いのでマクロ機能が低くてピンボケです・・・
よぉ〜〜〜く見ると葉っぱに少し厚みがあるのがわかります。
それでアイスプラントが発芽したことを確信しました。

アイスプラント苗大2017.1.9.JPG

一番大きいのでまだこのくらいなんです・・・
本来は11月中には植え替えるのですが、
9月下旬に種蒔きしたにもかかわらず11月時点ではまだ発芽していないように見えていました。
12月に入ってから気がついたのですが小さ過ぎて手が出せませんでした。
年が明けてやっと植え替えに踏み切りました。

アイスプラントプランター2017.19.JPG

ダイソーで買ってきた108円のプランターに培養土を入れまして、
そこに6株植えました。
もうひと株はセルポットにそのままにしてあります。
真冬ですがアイスプラントは寒さに強いそうなので越冬は問題無いようです。
春になったら本格的な生長が始まると思うので、
夏には収穫まで行きたいですがどうなることやら・・・

これまでアイスプラントについてこのブログで記事にしたことはありません。
でも実は数年前から何度も庭で種蒔きしているんです。
毎回失敗ばかりで発芽すらしないので記事にできませんでした。
今回初めて発芽したのでやっと記事にできました。
アイスプラントも当初は畑に移植するつもりだったのですが、
これも庭で栽培を続けることにします。
なので今回からビオの新たなメンバーとなりました。

雪がタライの中に積もってしまっておそらく水面は凍っているでしょうね・・・
毎年毎年魚たちに申し訳ない季節です。
でもこれが外飼いの宿命なので、
うちの苛酷な環境でも生き残れる強い個体だけになっていくように今後も続けていきます。
それでは今年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アイスプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

明日葉の様子

お久しぶりです。
もうすぐ今年も終わりですね。
特にやることも無いのでこの頃はあまり様子を見に行っていません。
そんな真冬の中でも青々としている植物があります。
とりあえず明日葉の様子です。

ビオ2016.12.29.JPG

4株あります。
昨年は小さい鉢でまともに生長しなかったので、
春に植え替えまして夏にさらに大きな鉢に植え替えました。
するとそれに合わせるようにグングン生長していきました。
でもまだ本来の大きさでは無いですね。

夏と冬の間は休眠といいますか活動停止期らしいのですが、
全然青々としています。

明日葉2016.12.29.JPG

基本的に3枚の葉っぱが生えていまして、
その内の1枚が枯れ始めてくると新芽が出てくる仕組みのようです。

明日葉新芽2016.12.29.JPG

株の中央部に新たな葉っぱが出てこようとしているのがわかりますでしょうか?
これがもう少し出てきたところで収穫するようです。
これまで育成を優先してきたのでまだ一度も収穫したことがありません。
どっちにしても4株しか無いのでは収穫したところで僅かな量でしかありません。

なので何度も種蒔きをして増やそうとしているのですが・・・

育苗箱2016.12.29.JPG

育苗箱を買ってきましてこの左半分のエリアにタネをばら撒いてみました。
たっぷりと水をまいて乾燥防止にラップで蓋をしてと、
説明書通りにやったのですが待てど暮らせど全く発芽しません。
これは10月くらいに種蒔きしましたが、
春に種蒔きしたのもいまだに発芽していません。
せっかく八丈島からタネを取り寄せたというのに・・・

明日葉タネ2016.12.29.JPG

こんな雑草の欠片みたいなのがタネなんですよ。
毎回見るたびにこんなのが発芽するんだろうかと思ってしまいます。
でも昨年に初めて種蒔きをした時は僅かだけですが発芽はしました。
今年は全くゼロなんです・・・
結構な量をばら撒いたのですがまだまだ袋の中にはタネが残っています。
でも明日葉はタネの寿命があまり長くないようでして・・・
一応来年の春に蒔き直してみますがどうなるのやら・・・

今栽培中の明日葉4株は春になったら畑に移植するつもりです。
来年以降もいろんな野菜を庭で育苗して畑で栽培するパターンや、
庭で栽培して庭で収穫するパターンが増えてくる予定です。
庭で栽培するものはすべてビオの一員という扱いで行きます。
それでは来年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 明日葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

今年の繁殖結果

残暑が続いていたかと思えば台風で毎日雨ばかりになって、
やっと秋が始まったかと思えば一気に冷え込んで冬のような寒さですね。
家の中ではもう既にたまにストーブをつけたりコタツに入っています。

そんな中、11に入ったので今年繁殖した稚魚をご紹介します。
まずはビオの様子です。

ビオ2016.11.6.JPG

何だかビオらしくないものがいろいろと置いてあります。
そのあたりもうまく行けば今後記事にしていく予定です。
魚たちは少し警戒感が増しつつありますがまだまだ餌を求めて水面付近にいます。
でも寒くなってきたのでたまにしか餌は与えていません。
睡蓮たちは葉っぱが小さくなって数も減りましたがまだ青々としています。

ではまず白メダカの稚魚です。

白メダカ2016.11.6.JPG

ピンボケです・・・
春にカメラを水没させてからまだ買い換えていません。
昔に使っていた古いデジカメを使っています。
いい加減に新しいのを買いたいとは思っているのですがなかなかピンと来るのが・・・
そんなことはさておき、今年は白メダカが一番多く採卵できました。
なのでここまでで生き残っている数も白が一番多いです。
とは言っても10数匹くらいだけですが・・・

次はヒメダカです。

ヒメダカ2016.11.6.JPG

楊貴妃3匹とヒメダカ1匹の中から僅かな数しか採卵できませんでした。
夏の間はもう少しいたと思うのですが結局1匹しか生き残りませんでした。
楊貴妃は全滅です・・・

次は黄金光です。

黄金光2016.11.6.JPG

幹之が3匹と黄金が2匹からこちらも僅かしか採卵できませんでした。
夏の間は幹之が結構いたんですがどうやら全滅したようです・・・
そしてこの黄金2匹だけが生き残りました。

次も黄金光です。

水鉢2016.11.6.JPG

この水鉢の中に幹之と黄金を入れていました。
今はスッキリとしていますが夏の間はシャジクモがわさわさに生えていました。
どうやらその藻の中にも産卵していたようでして、
いつの間にか稚魚が5・6匹泳いでいました。
親メダカに食べられないか心配でしたがうまく共生できているようでした。
親メダカは既に落ちていまして稚魚だけが残りました。

水鉢黄金光2016.11.6.JPG

夕方で日が暮れてきました。
まだそれほど暗くは無いんですがカメラの性能が低いので・・・
黄金が3匹生き残りました。
幹之は自然繁殖はできませんでした。

親メダカで生き残ったのはこれだけです。

白鉢2016.11.6.JPG

白鉢の白メダカが3匹だけです。
今年はたくさん産卵してくれました。
でもそれを活かしきれませんでした・・・

ということで、すべて丸タライの中に入れました。

丸タライ2016.11.12.JPG

広くて大容量の中に親メダカが3匹に稚魚が20匹足らず。
今年もまた大失敗でした・・・
毎年毎年失敗ばかり。
いつになったらまともに繁殖できるのやら・・・
毎年今年こそはという決意でやっているのですが・・・

広くて水量が多くて水質や水温が少しでも安定した環境の方がと思ったのですが、
どうやらそう単純な話でも無いのか・・・
採卵した数は例年よりも少なかったのですがそれでもそこそこな数はありました。
ただ孵化率がかなり低かったように思います。
今年の気候のせいなのか環境のせいなのか・・・
来シーズンまで反省の日々を送ります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

自然採集に行ってきました2016秋 後編

では前回の続きです。

翌日に見に行ってみたら数匹落ちていたもののほとんどは元気でした。
ではまずはこれです。

メダカ2016.10.9.JPG

メダカです。
春や夏よりも秋に最も大漁にメダカが取れます。
いつもは2・30匹までにしておくんですが今回は5・60匹は取ってきました。
あの水門のところにいたメダカをほとんど取ったかもしれません。
黒メダカの繁殖がうまくいかないので採集でまかなうことにしました。

次はこれです。

川魚2016.10.9.JPG

何だかわからない川魚の稚魚です。
一見するとメダカと見分けがつかないんですが、
よく見てみると体型が細いのですぐにわかります。
3・4匹ほどいるようです。
これはクチボソの稚魚なんですかね?

最後はこれです。

タニシ2016.10.9.JPG

タニシです。
ジャンボタニシがたくさん混ざってくる中でちゃんと日本タニシをチョイスしてきました。
これも飼育下でも自然繁殖が可能なんですが越冬後に激減してしまいます。
春と夏に取ってきたタニシはとても働き者でみるみる容器の中がきれいになりました。
タニシの威力はかなりのものです。

先ほどから写真の中にエビが写っていますが意図的に取ってきたのではありません。
メダカを網からクーラーボックスの中に入れる時に一緒に入ってしまうのです。
うちの環境下ではあまり長く持たないんですよね・・・

ということですべて角タライに入れました。

角タライ2016.10.10.JPG

これはさらに翌日の様子です。
あんなに大量に取ってきたのにほとんどが底の方に隠れてしまって見えません。
だんだんと寒くなりつつあるので、
フナもクチボソも食欲よりも警戒心が強くなってきて人影があるとなかなか出てきません。
餌をまいてやったら警戒しながらも一応は出てきて食べていました。
新たに取ってきたメダカがうちの環境に慣れるまではまだ結構かかるでしょうね。

ビオシーズンももうすぐ終わりですね。
今年もあまりうまく行きませんでした・・・
魚種を増やすためにも新たな採集場所を開拓しようかと考えています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

自然採集に行ってきました2016秋 前編

毎日毎日雨ばかりでまるで秋梅雨のような感じですね。
うちの方は雨だけで台風の被害は全くありませんでしたが、
早く秋晴れの過ごしやすい日々になってもらいたいです。

ということで今年最後の自然採集に行ってきました。

田んぼ2016.10.8.JPG

いつもの田んぼです。
たまには他の場所にも行ってみたい気もあるのですが、
駐車スペースや人目や総合的に考えるとやっぱりここがベストなんです。
あいにくの曇り空ですが日程的に他に無いので致し方ありません。

既に収穫が終わっていまして田んぼからも用水路からも水が抜かれていました。
なのでいつも秋はこの場所しかありません。

水門2016.10.8.JPG

水門です。
上からはアメンボばかりで魚は見えません。
早速網を入れてみました。

網2016.10.8.JPG

いろいろと入りました。
その後も何度も何度も繰り返しました。

ということで今回の採集量です。

クーラー2016.10.8.JPG

結構数は入っていますよね。
今年は節操無く取りまくりました。

帰宅後に角タライの水をこの中に入れて一晩かけて水合わせ中です。
何を採集できたのかはまた次回に。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする